経費・経理処理

消費税をとっていないのは問題になりますか?

QUESTION リラクゼーションサロンを開業いたしましたが、代金に消費税をとっていません。これは今後問題になりますでしょうか? ANSWER 消費税について消費税は開業当初2年間は納税義務がありません。また、1000万円以下の売上の場合は納税義務がありません。 しかし、このことは、消費税をとらなくていいのではなく、納税義務が免除されているのです。よって、消費税はとらなければなりません。コストにはすべて、消費税がかかっているからです。 また、消費税を明記して徴収していないの 続きを読む…

副収入がある際の年末調整について

QUESTION 現在、副業をしていてある程度の収入があります。(年間100万以上) この場合、本業の年末調整は通常どおり、書類を提出しても問題ないでしょうか? ANSWER 副業で年間100万円程度の収入があるとのことですが、年末調整は通常通り実施することになります。会社の方には、いつもどおり通常の書類を提出下さい。 但し、給与の支払を受けている人で給与以外の収入がある場合、給与所得及び退職所得以外の合計額が20万円を超える人は、確定申告をする必要があります。(所得とは、 続きを読む…

取締役がアルバイトする場合の税務上の留意事項

QUESTION 私が代表取締役、妻が取締役、にて営業を開始し、現時点では、計画通りに会社を経営しております。 今後の展開に原資が必要となるため、増資したいと考えていますが、増資資金を捻出するために、妻が取締役のままアルバイトする場合に考えられる税務上の留意点をご教示願います。 ANSWER 本来は、競業をしてはいけないなどいろいろな規制がありますが、ご自分たちで訴えると言うこともないと思いますので気にしないで大丈夫です。もし、取締役として役員報酬をもらっていると、どちらに税 続きを読む…

中学生でもインターネットで収入が発生すると、税金は払わないといけませんか?

QUESTION 中学生ですが、インターネットマーケティングを行っています。収入が発生した場合、税金を払わないといけないのでしょうか? ANSWER 学生であっても、インターネットマーケティングによって収入を得た場合は、収入から収入を得るために掛けた費用(パソコン購入代やインターネット利用料等)を引いた額(所得額といいます)が所得税の対象になります。 所得にもいろいろ種類があり、今後、継続的にかつ利益を得る目的でインターネットマーケティングを行うのであれば、その活動は立派な 続きを読む…

役員の給与の所得税について

QUESTION 起業を予定しているのですが、開業後数ヶ月は十分な収入が見込めず、役員の給与については満額を支給することはできないと考えております。 この場合、所得税は実際の支給額を元に計算するのでしょうか? それとも、元々予定していた金額によって計算していくのでしょうか? ANSWER 役員報酬につきましては、一度決めてしまうとそこから同じ期中に上げることが難しくなります。よって、新規の会社様はこのように対応されているところが多いです。 1.売上が一定規模上がって 続きを読む…