社用車を法人から個人に売却して名義変更する際の手続き

公開日: 2017/02/23  最終更新日: 2020/06/29

QUESTION

社用車を法人から個人に売却して名義変更をする場合、誰に手続き業務を依頼し、いくらぐらいの費用が必要なのでしょうか


【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>>

ANSWER

法人から個人へ売却し、登記変更する手続きは、所轄の陸運事務所で行います。
必要書類等は、そちらに問い合わせていただければわかりますが、書類を揃えて行かなければなりません。

簡単な方法としては購入された自動車販売店でも手続き代行してくれます。

◆手続き費用について
手続き費用としては手数料として1万円から数万円程度かかります。

手続き費用以外に、購入した個人の方に自動車取得税が課税されることがあります。
取得価額が50万円以下は免税となり、50万円を超えると軽自動車の場合、取得価額の3%の税率で課税されます。

◆売却価額について
法人から個人に売却する際の注意点として、売却価額をいくらにするかというのもあります。

自動車の未償却残高よりも高い値段だと、会社側に売却益が出ます。

また、それよりも低い価額になると、会社側には売却損が出ますが、時価と比べて低い価額で売買された場合その時価との差額が役員に対する賞与とみなされて損金不算入になる恐れもあります。