事業計画書のつくりかた

創業計画書作成のコツ【小売業編】と小売業起業者の成功談

創業予定の多くの方がもっとも不安に感じるのが、「資金調達」ではないでしょうか。 希望する額を資金調達するには、しっかりとした創業計画書が必要です。 起業前に事業計画を具体的かつ明確に記した創業計画書は、融資の際に必要となるだけでなく、事業の手引きとなります。 しかし、小売業の創業計画を立てるのは容易ではありません。他業種に比べて管理する在庫数が多くなるため、保管場所や数量調整、仕入れに伴うキャッシュフローの増減などをできるだけ現実的な数値で認識しておかなけれ 続きを読む…

創業計画書のテンプレート解説と、項目ごとの記載ポイント

「創業計画書のテンプレートってあるの?」 「創業計画書って何を書いたらよいのだろう?」 創業計画書をはじめて作成するとき、このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。 この記事では、日本政策金融公庫の創業計画書テンプレート例をもとに、創業計画書の見方や書き方、事業イメージを具現化していくための方法を解説します。 創業計画書のテンプレートや業種ごとの記入例もダウンロードできますので、記事内のリンクをご活用ください。 ブラウザ上で 続きを読む…

創業計画書と事業計画書の違いとは?ポイントをおさえた計画書の作り方

「融資を受けるときって創業計画書と事業計画書のどちらを作ればいいの?」このように悩んでいる人は多いことでしょう。 創業計画書と事業計画書の違いを知ることは、それぞれの書き方のポイントをおさえることにつながります。 この記事では、事業計画書づくりの専門家が多数在籍するドリームゲートが、起業・新規事業立ち上げ・既存事業の拡大などのフェーズに合わせた計画書のつくり方を解説します。 創業計画書と事業計画書の違いがよく分からない人は、この記事を読んで基本の理解に役立ててください。 続きを読む…

【記入例あり】飲食店向けの創業計画書の書き方とは?例文を使って徹底解説!

「飲食店の創業計画書を作っているけど、書き方がわからない」 「創業計画書で創業の動機欄を書いているけど、飲食店の例文を知りたい」 このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。 創業計画書は創業時の事業計画書のことで、日本政策金融公庫などの創業融資を申しこむときに作成します。飲食店の創業計画書や事業計画書を書くときは、記入例や例文が記載されたテンプレートがあるので参考にするとよいでしょう。 日本政策金融公庫のホームページでは、飲食業など9業種 続きを読む…

自己資金なしで創業融資を受ける5つの方法と注意点

創業融資を受ける際は一定の自己資金が必要で、日本政策金融公庫によるとその平均額は約300万円とされています。 では、自己資金がない方は融資をあきらめないといけないかといえば、そんなことはありません。一部の融資については自己資金がなくとも申し込むことができます。 この記事では、これまで6万件以上の起業相談を受けてきたドリームゲートが、自己資金なしで創業融資を受ける5つの方法とポイント・注意点について解説します。 8万人が利用した事業計画書作成ツール続きを読む…