会計・税務

自力決算~法人の決算を自分一人でやるには

「決算」は1年の結果を振り返り、それを翌年の糧にする大切なイベントです。税理士などの専門家に任せてしまうこともできますが、会社の数字は把握しておきたいという人のために最低限の決算の流れと知識をご説明します。
【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>> 〈決算の流れ〉 〈法人税申告に必要な書類〉 ・決算報告書
 貸借 続きを読む…

健康保険の扶養と3号被保険者の認定について

QUESTION 妻が個人事業を始めようとしています。現在は3号被保険者です。
私は退職しませんので、配偶者が個人事業を開始したら1号被保険者に移行しなければならないと思っていましたが、所得が130万円以下であれば、今のまま3号被保険者でいられると聞きました。

また、所得が130万円を超えるというのは、会計年度末なのか、決算後であるのか、タイミングについて教えてください。

【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書 続きを読む…

親の扶養家族から個人事業主として開業した際の税金について

QUESTION 現在、大学生です。

親は所得税を負担する際に扶養家族の控除を受けていると思いますが、今自分が個人事業主となって開業届を出した場合、親の控除額は減ることになるのでしょうか。

【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>> ANSWER:所得をその内容によって区分します。 所得税・住民税で扶養になれるのは、< 続きを読む…

個人事業主として売上に応じた報酬を貰う際の税金について

QUESTION 絵本の制作をしていますが、まだ起業はしていない状態です。 イラストレーターの報酬を「月毎に売上の10%を支払う」ということで契約しました。 そこで「この売上の10%というのは税金を払った後の10%なのか?それとも払う前の10%なのか?」という話になりました。 この場合どちらの方法を取るのが最善でしょうか? またイラストレーターが未成年なので、そうなると贈与税が発生する場合もあると聞いたのですが、 そうした場合の贈与税についても教えてください。
続きを読む…

エンジェル税制の優遇について

QUESTION 出資者3名でベンチャー企業を設立致しました。 3人それぞれ同額(100万円)を出資して300万円を資本金とし設立いたしました。 この場合はエンジェル税制の優遇は受けることができるのでしょうか。
【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>> ANSWER:上記のケースの場合、残念ながらエンジェル税制の対象から外れてしまいます。 続きを読む…