前年赤字の場合、今年の申告はどのように行えばいいですか?

公開日: 2019/04/12  最終更新日: 2019/11/21

QUESTION

ANSWER

前年の青色申告での事業所得の赤字は、確定申告することにより今年の所得から差し引くことができます。 まず通常の今年分の所得を確定させるために、青色申告決算書を完成させます。それが完成したら、確定申告書の作成に写るわけですが、前年に赤字があった場合はここで確定申告の記載に注意が必要です。 税務署から送付された確定申告書Bの第一表をご準備してください。普通は○アの欄へ事業の売上額を記載して、○1の欄へ事業の所得(利益)を記載し、○1から○8までの合計を○9に記載する形となります。この○9欄の合計欄を記載する際に以下のとおりにご記載ください。
前年の赤字が今年の所得よりすくない場合
確定申告書B表の第一表の「○48」の欄へ前年の赤字金額(繰越した損失額)を記入して、その金額を「○1」〜「○8」までの合計額から差し引いたものを「○9」欄の合計に記載してください。これであとは普通とおりに計算していけば出来上がりです。
前年の赤字が今年の利益を上回る場合
前年に作成した確定申告書の第4表の作成が必要となります。