資格受験費用の記帳

公開日: 2017/03/02  最終更新日: 2020/06/22

QUESTION

業務で必要な資格などを取得した際の受験費用などの記帳は、どのようにつけたらよろしいのでしょうか?


【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>>

ANSWER:内容がわかればどの科目でもかまいません

事業主や使用人がその業務の遂行に直接必要な技能、または知識の取得や研修を受けるために通常必要な費用は、所得税の計算上、必要経費になります。
したがって、この要件を満たす限り、経費に入れることは問題ありません。

記帳については、内容がわかればどの科目でもかまいません。
例えば、「研修費」などの科目で処理してもかまいませんし、適当な科目名が無い場合は「雑費」で処理しても問題ありません。