下請け業者への支払いでの源泉徴収について

QUESTION

下請業者(デザイナー)で、個人の方へ支払いする場合、源泉徴収しなくてはいけないのでしょうか。フリーの方などで、上記の(個人か法人か)どちらに当てはまるのか判断つかない場合があるのですが、こういった場合、どうすればいいのでしょうか

ANSWER

個人に対して支払われるデザイナーの報酬、料金等はその支払金額に対し10%(一回の支払金額が100万円を超える場合は、100万円超の部分は20%)の源泉徴収が必要になります。

あくまで個人です。法人間の取引ではありません。

相手が法人かどうか?の判断は直接伺うか?請求書等で判断ください。

このような報酬・料金等を支払う場合は支払う法人に源泉徴収義務が発生し、源泉徴収しなければいけないことになっています。今後注意ください。