飲食店開業のノウハウを売るビジネスをはじめたい

QUESTION

クレープ・たこ焼き・あげぱん等を移動販売している飲食店を経営しています。別の収益の柱として、当店で扱っているメニューの製法や、店舗運営等、誰でもすぐに開店できるノウハウの研修を50万円で提供する開業支援事業を始めたいと考えています。
どのようにして宣伝すれば開業希望者を効果的に集客できるのか悩んでいます。FCに加盟するより絶対に安価ですし、ロイヤリティーも徴収しないので開業される方にはメリットも多いはずです。
開業支援事業を始めても、事業が軌道に乗る見込みがあるか。どのような宣伝方法が開業希望者を効果的に集められるか、この2点についてアドバイスを頂きたいです。よろしくお願いします。

ANSWER

開業支援事業を始めても、環境や個性その他の要因によって、事業が起動に乗るかどうか結果は全く異なります。継続して収益を得られるかどうかが重要なのです。
どれだけ成功事例を積み上げられるかがポイントです。例えば、カフェ業態で成功しているコメダが成功し続けている理由の1つには「資産家のみに加盟を認めている。」とあります。十分な余裕があり、じっくりと経営に取り組める姿勢を持った人だけとパートナーを組んでいるのです。また、こうした層の人達は経営思考に長けておりますので、特段の指導をしなくても本部のアドバイスや方針を理解して実践する事ができます。
つまり、まず成功事例として、自分から事業プランを起業を志す人や企業に決め打ちして持ち込む営業が必要です。そこでさらにマニュアルをブラッシュアップしていきます。それから広く一般に、これから開業を希望している方々へアプローチするように展開していく事がよろしいのではないでしょうか。
では、どのような宣伝方法が開業希望者を効果的に集められるかを考えてみましょう。今はこうした起業支援セミナーは多数開かれています。起業雑誌や、インターネット、FAX、DMなどで告知しています。集客を優先する場合は無料でもかまいませんが、流行のテーマややる気のある人達だけをターゲットにする場合は有料にしてもいいでしょう。
中小企業診断士や行政書士などのコンサルタントグループでも、同様な趣旨でカフェセミナーを行ったり、ノウハウを持った方々の開業支援事業の支援を行ったりしております。集客は「魅力作り」につきます。魅力があれば驚くほど集まりますし、他との差別化が伝えられなければほとんど集まりません。