取締役の労災について

QUESTION


私が代表取締役で妻が取締役の小さな会社を営んでいます。 先日、会社の外壁を掃除しているときに、脚立が倒れ頭を打ってしまいました。病院で検査をしましたがとりあえず異常無しとのこと。
このような事故があった場合、会社の代表取締役や取締役にも労災が適用されるのでしょうか?また、後に後遺症が発生した場合はどうしたらよいのでしょうか?


ANSWER

会社で加入されている労災の対象は“従業員”のみです。代表取締役は労災の対象にはなりません。ただし、“特別加入”という、代表取締役でも加入できる制度があります。

商工会などを通して労災に加入した場合は、特別加入されているか確認してみましょう。特別加入は、従業員の労災とは別の加入手続きが必要です。毎月の保険料は一定の計算式で算出されます。保険料を多く払うと、事故があった場合の給付も多く受けられる仕組みとなっています。

労災が適用された場合は全額負担してくれます。後遺症が発生して一定の症状に該当した場合は、障害給付がもらえる場合があります。