酒蔵を経営。関東エリアへの拡販について

QUESTION


四国で酒蔵を経営しております。
日本酒の低迷のあおりを受け、地元での消費だけでは経営が難しくなったため、関東への進出を考えております。そのため、市場のリサーチや営業などを行いたいのですが、こういったことを依頼できる会社はあるのでしょうか。

ANSWER

日本酒は焼酎など他のアルコールにおされ気味で、非常に厳しいと聞いています。

1.市場のリサーチや営業を行える会社について
市場調査会社や代理営業などの会社は数多くあります。価格帯は非常に広いので、ご予算に応じて探してみてください。
ここで注意するべき点があります。依頼する際には、必ず自社のコンセプトやターゲットについてしっかり具体的に伝えることが大切です。漠然と市場調査をしても、こちらの意図を汲まずに、先方の言いなりの結果になってしまいます。

2.関東の日本酒の動向について
日本酒といっても色々な種類があるので、一言では言いがたいのですが、付加価値が高く、オリジナリティーのある日本酒がとても人気があると思います。また、立ち飲み形式のバーなども、お客様のニーズはあると思います。ただ、日本酒が美味しい、あるいは様々な味があるなど、詳しい方は少ないと思います。
日本酒はオヤジが飲むものだという既成概念を壊し、新しい日本酒の楽しみ方を提供していくことが、成功の鍵だと思います。