個人事業主でも申請できる補助金について

公開日: 2019/07/19  最終更新日: 2019/11/21

QUESTION

個人事業主でも何か補助金を申請することはできるのでしょうか?現在、ダンスやトレーニングを教えていまして、そのためのマシンや備品など設備投資を行いたいと考えています。

【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>>

ANSWER


マシン導入等の申請ができるかどうかということですが内容しだいではないかと思います。ものづくり補助金は個人事業主でも申請できます。

さて「内容しだい」としましたがその内容についてです。
ものづくり補助金では単純な設備投資では採択されません。行っている事業領域で「自分しか持っていない強み」があり、その「強みを活かせる」ことが必要です。また、「社会のニーズ」があることも重要です。
例えばこれまでの経歴の中で蓄えた〇〇という技術に強みがある。いっぽうで、社会では〇〇といった傾向から〇〇に対して大きなニーズがある。そこでこれから〇〇を活かして〇〇というトレーニング事業を展開していくことを計画している。この事業を行うために〇〇と〇〇という設備が必要である。
というような話の展開を作ることができれば採択が近づきます。参考までにこれまでのものづくり補助金で採択となっている事業計画でトレーニングに関連しそうなものをいくつかピックアップしてみたのでご覧ください。

「楽しみながら健康増進・維持が出来るシステムを導入した革新的トレーニングサービス事業」「要介護者向け足筋肉トレーニング装置の試作開発」「トレーニング効果を飛躍的に改善させる機器に装着するオイルダンパーの開発」「手軽で低コストなインターネットでの スポーツトレーニングの提供」「健康増進とスポーツ能力向上を達成する装置開発とトレーニングの提供」「スポーツビジョンの新しい測定装置の開発とそれを使ったトレーニングの提供」「トップスイマー用 競泳トレーニングマシンの開発」「レッドコードを用いたスポーツ選手が効率的に体幹を鍛えるトレーニングの開発」

いかがでしょうか?開発という言葉が多く並んでいますが必ずしも開発にはこだわなくてかまいません。





ドリームゲートオンライン相談を参照