良い出店場所を探すにはどうしたらいいですか?

公開日: 2019/07/03  最終更新日: 2019/11/21

QUESTION

鞄のお店を開業予定で現在出店場所を探しています。 ターゲットは学生など若い世代で、そういった世代が集まりやすい場所を見つけたいと思っています。効率よく良い場所を探すためには何か良い方法はありますか?

【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>>

ANSWER


鞄のお店を個人での開業ということでしたら、路面店での開業をご検討されているのではないかと存じます。出店場所の探し方という点では、次の2つが主流となると存じます。

①アットホーム等のインターネットサイトを利用
②出店したいエリアを最初に決めて、そのエリアを足で探す
③不動産業者からの紹介をいただく

どちらにいたしましても最初に出店エリアを探されることが必要かと存じます。
私は、3つほど、エリア選定されることをお勧めしております。エリアの選定では商圏調査を実施いたします。商圏調査は、総務省統計局が出しておりますE-STATというソフトを利用されると良いかと存じます。その中にJ-STATという地図で商圏データを抽出できるものがありますので、そちらもぜひご活用ください。
国の商圏調査ソフトですので無料で活用いただけます。まずは主要の駅を中心として半径〇kmなどで調査すると良いと存じます。それをデータとして横比較されるとどの駅の周辺エリアが良いのかわかると存じます。

そこで3つほど、候補エリアを上げます。その際の調査するものは、学生をターゲットとするということですから、学校数や生徒数となると存じます。または、大学や高校等の数が一番参考になるのではないでしょうか?また、学生が多く住んでいるところを狙うのであれば、人口と年齢層も同様のソフトで調べることができると存じます。また、商業統計というものの中に小売業の年間販売金額の統計があります。それを参考にされるとどこが街として形成されているのかよくわかると存じます。

あとは、駅の乗降客数もしっかり調べていただくことが重要とだと思います。これはネットでその駅名を調べますとすぐわかると思います。その他、出店には立地調査と導線調査が必要です。立地調査とはその店舗が見つけやすい、入りやすいなどを現地の物件を確認します。導線調査とは学校や駅等、お客様の出発地から人のながれを調査し、どの道をどのよに歩いているのか?などを調査するものです。

この中で一番重要なものはお客様が買い物に回る導線ではないかと思います。特に買い物導線上にあることが重要だと思いますので、お客様がなぜ、その道を歩いているのがしっかり現場で確認していただくことが重要であると存じます。





ドリームゲートオンライン相談を参照