医院を開業予定です。リースとローン、どちらがお得ですか?

公開日: 2019/03/01  最終更新日: 2019/11/21

QUESTION

歯科医院を開業予定です。 医療機器は、リースとローンで比較するとどちらの方がコスト削減できますか。 また事前に知っておくと得する節税方法があれば教えてください。  

【無料】事業計画作成サポートツールなら、3分で事業計画書が無料で作れます。さらに作成した事業計画書を先輩経営者と比較した順位も判定。要チェック!>>

ANSWER


早速ご質問にお答えいたしますね。
◆1 医療機器はリースとローン、どちらが支払いが少なくなるか。

これは金利で判断します。
リースにも金利がかかるので、リース会社に「金利でいうと何%となりますか?」とお聞きください。その金利と借入金の金利を比較してみてください。
借入金については日本政策金融公庫がお勧めです。日本政策金融公庫にお電話されて金利をお聞きしてみてください。なお、一般的には借入金の方が金利が安くなるケースが多いので、借入れがお得ですよ。

◆2 節税について

状況が分からないので一般論でお答えしますね。
領収書が取れそうなものは全部領収書を取っておいてください。
それと地下鉄なんかの切符をお金で払う場合や、同業者と飲みにいき情報交換をしたけど割り勘したので領収書がない場合などはメモでいいので証拠を残しておいてください。
こうした領収書をたくさん残しておけば、あとで経費になるものを忘れず計上できて節税になります。
それ以外にも、毎月の携帯料金の一部を経費にすれば節税になりまし、通勤や往診で車を使うなら、車の購入費用や車検、ガソリン代、保険代なんかも一部経費なり節税になります。
とにかく支払いをしたものの領収書を全部残しておいて、あとは税理士や税務署に確認をしてみてはいかがでしょうか。





ドリームゲートオンライン相談を参照