融資

役員本人より運営資金の貸付は可能ですか

QUESTION 役員2人で法人設立後、役員本人より運営資金の貸付は可能ですか? その場合、損金扱いされますか? ANSWER 役員より会社へ事業資金を貸し付けることは問題有りません。また、常識的な利息を徴収することも可能です(必須ではありません)。その場合、支払利息を損金に参入することはできます。 当然ながら、元本部分に関しては会社の損金にも個人の所得から差し引くことも出来ません。 続きを読む…

クレジットカードで滞納経験あり。日本政策金融公庫で融資はムリでしょうか?

QUESTION 自分1人で会社を設立し、事業を行っていこうと思っています。 その際に、日本政策金融公庫で融資を受けたいのですが、過去に一度クレジットカードで滞納を起こしてしまっています。 この場合の融資は、やはり厳しいのでしょうか。 ANSWER ポイントとなるのは主に以下の二つです。 1.延納期間 ちょっと滞納してしまったという程度(うっかり程度)なら、問題はないと思います。信用情報に傷がつくのは滞納期間が2〜3か月ぐらいになってしまった場合です。 (注) 続きを読む…

元金均等返済と元利均等返済の選択について

QUESTION 自治体の創業融資を申し込もうと考えています。 借入金返済方法として 元金均等返済と元利均等返済とあると思いますが、 それぞれどのような返済方法で、 何を基準として選択すればよいでしょうか? ANSWER ・元金均等=一回毎の元金の支払額を一定にした返済方式 ⇒毎月の支払額は初回が一番高く順次減っていく返済方法です。最初の支払金額は高いが支払い総額は元利金等に比べて少なくなります。 ・元利金等=一回毎の元金と利息の合計支払額を一定にした返済方式 ⇒ 続きを読む…

開業時に受けた融資について、当初の予定より利益が出た場合は、繰上返済はできますか?

QUESTION 創業に伴い、国民生活金融公庫などを中心とした融資が取れた場合、事前に長期借入金に対し、返済期日内での返済額などを決めると思います。当初の予定より利益が出た場合は、繰上返済はできるものでしょうか? また、返済が出来たとしても会計上しないほうが得策な場合などがあれば、 アドバイスを頂けますようお願い致します。 ANSWER まず、お金を貸す立場になって考えてみましょう。 お金を貸せば金利を受け取ることができます。長期間にわたってお金を貸すことができれば、 続きを読む…

居酒屋の資金調達に悩んでいます

QUESTION 居酒屋を経営したいと思っておりますが、資金調達に悩んでます。何かアドバイスを下さい。 ANSWER 居酒屋経営のための資金調達としては、当面、融資が考えられます。 融資の方法としては、 1.国民生活金融公庫 2.都道府県の創業支援制度(各自治体の金融担当課) が考えられます。 金額は、それぞれ500万円〜1,000万円程度を目安にするとよいでしょう。そのためには、開業計画書が必要です。最寄りの国民生活金融公庫の支店の相談受付係で開業計画書作 続きを読む…