事業計画書・企画書

コンクリート製品の下請け会社での新規事業の作り方

QUESTION コンクリート製品の工場で構内下請けを20年続けて来ました。最近、建設関係の仕事量が落ち込み、請負単価の低減で利益のあがらない状態が続いています。
従業員の賃金をぎりぎりまで下げ、また海外研修の受け入れをしてコストの削減に努力をしてきましたが、それも限界を感じています。
このままだと、いずれ倒産という状況に追い込まれるでしょう。
しかし長年一緒に頑張って来た社員それと海外研修を路頭に迷わす事だけはしたくないと思ってます。
そこ 続きを読む…

カフェの開業計画、事業計画を作成中。費用を抑えるため設計を自分でやりたいが、許認可的には問題ないでしょうか。

QUESTION カフェの開店を目指して開業計画、事業計画など作成中です。予算をできるだけ抑えたいので専門的な工事以外は全部自分でやりたいと思っています。
不動産業者には内装も設計も業者に任せろみたいに言われるのですが、水道、ガス、電気工事以外は自分でやりたいと思います。こういった希望を相談できる業者はどうやって探したらよいでしょうか。また、自分で設計した店でも認可が下りるのでしょうか?

ANSWER 飲食店の店舗に関す 続きを読む…

中古パソコンの海外輸出の事業計画を検討中。アドバイスが欲しい。

QUESTION 外国人の友人と一緒に、日本の中古パソコンをスリランカで販売しよう、という計画を立てています。
私が日本からの輸出手続を、友人の弟が外国での輸入、販売を担当するという予定です。 そこで下記のことで悩んでいます。
一人取締役で株式会社設立し外国の相手と取引すべきか、3人でLLPか、又は最初は個人でやってみるべきか 、利益の配分はどのように設定すべきかといったことです。
パソコンの海外輸出のビジネスについてアドバイスをお願いします。
続きを読む…

役員への未払いに期限はありますか?

QUESTION 役員への未払金はいつまで大丈夫なのでしょうか?増資をして未払いを解消すべきか、会社にお金を貸し付けて未払いを消すか悩んでいます。 ANSWER 結論から申し上げますと、いつまででも大丈夫です。 と言いますのは、わざわざ会社にお金を貸し付けて未払金を貸付金に振り替えるのであれば、別に科目だけ振り替えても同じことです。契約書をきちんと結んでおけばなお良いですが、別に無いからと言って無効というわけではありません。しかも、法人の側としては利息を計上しなくても税金が 続きを読む…

資本金を使い果たした後

QUESTION 創業時の資本金を使い果たし、お金が足りなくなった時に、代表個人のお金を会社に融通する方法はどんなものがあるでしょうか? ANSWER 会社への資金投入の方法ですが、増資と社長からの借入と2通りあります。 2つの大きな違いは、増資だと返済義務が無いということです。会社の資本が大きくなるのは外部に対して信用が大きくなるということで大事なことですが、1回の増資に付き約10万円前後の費用がかかってくるのと市や県の均等割りや市県民税の税率が上がるので慎重に検討してくだ 続きを読む…