決算・確定申告

法人を設立した際の個人事業廃業のメリットについて教えて下さい

QUESTION 個人事業を法人成りする方も多いかと思いますが、個人事業の場合、青色申告によって控除を個人が受けることができるはずです。これを考えると法人を設立したあとも個人事業を廃業せずに何らかの形で続行することで青色申告控除のメリットを引き続き受けることができるのではないかと考えております。 これを相殺するほどの法人成りをする際の個人事業廃業のメリットがあるようでしたらお教え願えれば助かります。 ANSWER 個人事業を廃業して法人を設立する場合ですが、別に個人事業を継続 続きを読む…

週末起業を会社にばれないようにするには?

QUESTION 副業に関しての質問です。平日は株式会社で勤務し、週末は個人事業で開業しました。週末起業と呼ばれるものです。そこで、会社の方を特別徴収にしているのですが、個人事業の方を確定申告の際に、普通徴収にしておけば、基本的に会社には副業をしていることがバレないとお聞きしました。これで、間違いないでしょうか? ANSWER 個人事業の開業に関してですが、確定申告で住民税の徴収方法を「普通徴収」にしておけば定型の書類から副業がばれることはありません。ただし、調べようと思えば調 続きを読む…

LLPでの収益分配に関して

QUESTION LLPの設立後、「給与支払事務所等の開設届出書」の届けを出さない場合、LLPで出た収益の分配は、不定期に行うことはできないのでしょうか? ANSWER LLPの損益分配は給与ではありませんので、きちんと決算を行った上でないと分配できないと思います。 また、分配にあたっては純資産の制限などもありますので、不定期の分配はかなり危険です。通常は、先に組合員に対して貸付金として資金を支払っておき、後日決算後の分配において、その貸付金と分配金とを相殺することが多いと 続きを読む…

LLPで、毎月利益は配分できますか?

QUESTION 現在それぞれに個人事業を営んでいる二人でLLPの設立を考えていますが、可能であれば毎月利益の配分をしたいと考えています。 LLPの契約書にこの旨を記載する事で、このような事が可能になりますでしょうか? それとも、年1回(事業年度末)しか出来ないのでしょうか? ANSWER 結論から申し上げますと可能ですが、毎月確定決算が必要になり、非現実的です。 組合員はLLPから給与をもらうことができませんので、毎月の生活費をどう工面するかに工夫が必要です。 しかし 続きを読む…

LLP新組合員の青色申告の届け出について

QUESTION 知り合いが起こしたLLPの経理など手伝っています。来月に新たに組合員が増えるのですが、その場合、その新組合員の青色申告の届出は、加入後2ヶ月以内にすれば良いのでしょうか? ANSWER 初めての事業開始であれば組合に加入してから2ヶ月以内に提出すれば良いかと思います。忘れやすいので早めにご準備下さい。 続きを読む…