経費・経理処理

合資会社から株式会社へそのまま引き継げますか

QUESTION 合資会社を運営しています。自治体から助成金もいただけることとなり、本格的に事業を大きくしようと考えており、合資会社から株式会社にしようと考えております。 このとき、経理上では合資会社からの経理をそのまま引き継げるのでしょうか? ANSWER まず手続としては、組織変更ができませんので、株式会社を新しく設立することになります。 その際にそのまま会計の関係をそのまま引き継ぐことができるのかということですが、結論から言うと可能です。 ただ、合資の解散・清算を 続きを読む…

開業費の原価償却について

QUESTION 開業費の原価償却について教えて下さい。 開業費は繰延資産と聞いたのですが、この償却は毎年定率法で行わなければいけないのでしょうか? ANSWER 開業費は、 1.商法上 5年以内に均等額以上の償却 2.税法上 任意償却 となっています。 法人の申告をする上では税法上の解釈でいきますので 任意償却でOKです。つまり定額法とか定率法とかではなく 早い話が『今年はいくら償却したいか』で今年の償却額が決まります。(1万円でも2万円でも10万円でもO 続きを読む…

中古車の会計処理について

QUESTION 会社を設立する時に、自動車を現物出資いたします。50万円ほどの価値があると思っています。中古の車なのですが、会計処理はどうなるのでしょうか?また、耐用年数を調べるにはどうしたらいいでしょうか? ANSWER ■現物出資について 本件はまず、「50万円」が適正かどうかを、 弁護士や税理士の証明を受けないといけません。 (商法280ノ8、173) また、車検証の名義も設立後速やかに 当該法人へ変更する必要があります。 以上から、仮に60万円が適正な時価として 続きを読む…

税理士の必要性に関して

QUESTION 税理士の存在が会社にとって有益であることは容易に理解できるのですが、法律あるいは何らかの制度・規定によって必ず必要なのでしょうか? 法的・制度的に税理士が必要なのでしょうか? ANSWER 結論から申し上げますと、会社には必ず顧問税理士がいなければならないという法律等はありません。会社設立に始まり、日常の経理や税務署等への確定申告なども、自分で行うのが基本でありまして、申告書の作成は必ず税理士に依頼しなければならないということもありません。ですので、会社設立 続きを読む…

手形をもらった場合の処理

QUESTION 手形を受け取った場合の領収書の発行はどのような書式でよいのでしょうか?例えは゛、額面35万の場合、収入印紙はいくら貼るのでしょうか? ANSWER 手形を受け取った場合の領収証は通常の領収証と同様に受け取った手形の金額を記載し、領収内訳欄に手形である旨を記載すれば良いです。手形で受け取った場合と金銭で受け取った場合とで大きな違いは特にありません。 また、印紙税の件ですが額面35万円の場合には200円の収入印紙を貼付し、消印してください。 ちな 続きを読む…