会社設立・法人登記

資本金と銀行残高

QUESTION 資本金が会社設立の資金=銀行残高となるのか、それともその残高より少なくともよいのでしょうか? ANSWER 資本金=銀行残高というわけではありません。すなわち銀行残高が資本金の金額より少なくても構いません。 資本金というのは、会社の規模を表す金額で、その額は、登記簿謄本にも記載され、誰でも自由に閲覧することが可能です。一般的には、資本金=銀行預金で会社を設立し、その後、儲かれば銀行残高は増えていき、その逆で、儲からなければ銀行残高は減る可能性があります。し 続きを読む…

資本金の金額によって生まれるメリット、デメリットを教えて下さい

QUESTION このたび、会社設立をしようと思っておりますが会社の資本金の金額によって生まれるメリット、デメリットはあるのでしょうか?対外的なイメージなど以外に、会社運営上におけるものがあれば教えてください。 ANSWER どの位のお金が必要なのかというとき、事業計画書が役にたちます。必要な資金は業種によって違ってきます。 WEB作成会社でしたら、パソコン一台でOKです。商品売買なら仕入れるお金がなくてはスタートできません。製造業ならもっと大きな資金が必要でしょう。自分の事 続きを読む…

LLPで、案件ごとに配分率を変えることはできますか?

QUESTION LLPに大変興味がありいろいろ調べているのですが、出資率でもなく、固定比率でもなく、その案件毎に利益の分配率を変えるというのは不可能でしょうか? ANSWER LLPは柔軟な分配割合をもって分配ができるのが特徴となっています。ですから出資比率にかかわりなく分配を決定することができます。ただ、事前に書面で決定しておく必要があります。 後付の合理性のない分配は税務上の問題が出てくる可能性があります。個々の仕事において決定することは可能かという質問に関しては必ずし 続きを読む…

貸付金を資本金に切り替えることはできますか?

QUESTION 資本金100万の小さな株式会社です。現状、私が100%株主です。 資金が足りなくなり、自分の貯金から会社に貸付という形で100万円ほど会社の経費に使っています。その100万円はもうほとんど使ってしまいましたが、今からでも資本金とすることはできますか? ANSWER 会社への貸付金を資本金へ振替えることは出来ます。詳しく言いますと、デット・エクイティ・スワップと言い、債務の資本化で中小企業ではよく行われています。 会社にとっては、過剰債務を減らし財務体 続きを読む…

「資本金」はいつも一定の金額が保たれているものなのですか?

QUESTION 貸借対照表の資本金という勘定科目についてですが、簿記の教科書などで、いつも同じ数字になっています。会社を経営するうえで資本金は使ってはいけないお金なのですか?なぜいつも一定の金額が保たれているのですか? ANSWER いつも資本金の金額が変わらないのは、資本金を直接使うのではなく、資本金として会社に入金した現金を会社の運営の為に使うからです。 その為に使うことは可能で、でも資本金の金額は変わりません。(使うたびに現金の金額は減少します。資本金の金額は変わり 続きを読む…